九星気学を使って自分の運勢を占ってみよう

九星気学の運勢占い~仕事運や恋愛運を見てみよう~

九星気学を使って運勢を占おう

九星気学とは、占う相手の生年月日と干支、そして五行説を組み合わせることで占う占術です。九星と呼ばれているため星座などの星を利用したものと思われがちですが、九星気学が利用するのは星座ではなく気と呼ばれるエネルギーです。また、干支を使うことで約60通りの組み合わせが作れます。また、今ではスマホやパソコンで簡単に占うことも出来るネット上での九星気学もあります。

ランキングから分かる九星気学が選ばれる理由

no.1

占い初心者でもわかりやすい

九星気学が占いで用いられる1番の理由は、わかりやすい占い方法にあります。九星気学で利用されるのは、自分の生まれた年と生まれた月です。この2つを使用して、「本命星」と呼ばれる星を読み解き占うことから、とても簡単に行うことが出来ます。

no.2

相性や人間関係を分析しやすい

生まれた年と月があれば、本命星を読み解ける九星気学は、自分と相手の相性を調べるにはとても簡単です。また、人間関係なども見ることができるために、これから人間関係を築いたり、苦手意識を持っていたりする時の対策の手助けにもなります。

no.3

自分の運勢を判断しやすい

九星気学は年や月ごとに流れる気のエネルギーによって、運勢を占う方法となります。その為、自分の本命星とその年の運気を照らし合わせて占うことから、簡単に自分の運勢が今どうなっているかを確認することができます。自分の運勢が分かると目標も立てやすく、物事のキッカケの手助けにもなります。

no.4

他の占いと合わせてより役立てる

占いにも多くの種類があり、その中でも「命」と呼ばれる種類の占いは「相性」や「相剋」と言う理論に基づいています。この成り立ちが似ている占い方法はとても相性がよく、共に占うことで更に深く掘り下げることができます。例えば12星座を用いた「占星術」や帝王の運命学と呼ばれた「四柱推命」などが当てはまり、九星気学とも相性がいいです。

no.5

占いコミュニティーの幅が広がる

九星気学は占いの中でも比較的簡単に占えることから、コミュニケーションの道具として利用されることがあります。また、有名人や歴史上の人物を九星気学で見てみるのも面白いです。占いというジャンルに触れることで、聞き上手になれるという変化も生まれます。

九星気学を使って自分の運勢を占ってみよう

風水

九星気学の誕生はとても古い

九星気学は古代中国が最古とされている占術を元とした、東洋占術の統括的なものとされています。日本には538年に方位術と共に流れ着いたとされていて、明治42年に気学としてまとめられました。複数の占い方法を受け継いでおり、竜馬と呼ばれる模様に数字を用いて行われる「河図」、亀の甲羅を用いた9つのマス目を使って行われる「洛書」、天地自然の事象を表しているとされる「八卦」が有名です。

九星気学に欠かせない本命星とは

九星気学で占うにあたって、3つの星が重要になってきます。その中でも、「本命星」と呼ばれる星が、18歳以降の運気を見るために使われる星となります。運勢や相性を見る際に必要なこの星を定めるのは、自分の生年月日となります。また、九星気学では運気の循環は年、月日、時間ごとにめぐっています。その気のエネルギーと自分の生年月日を重ねて、その時にどんな気が満ちていることを調べて表すのが本命星となります。

良くも悪くも人生の手助けとなるものであることを知る

九星気学もまた、他の多くの占いと同じで絶対な結果をもたらすものではありません。「悪い結果が出たから今年は駄目なんだ」とふさぎ込んでしまうのではなく、これをバネにどういうプラスの方向に歩いていくかを考える手段の1つとして考えましょう。そうすることで、占いをより楽しむことができるはずです。